スポンサーリンク

涙腺が崩壊するアニメ3作品が決定!

涙腺が崩壊するアニメ3作品が決定!

涙腺が決壊してしまうアニメ3選

涙腺が決壊してしまうアニメ3選 年末年始は泣いて心の洗濯を!(マグミクス) - Yahoo!ニュース
 大忙しの12月が終われば、念願のお正月休み。いつもよりゆったりとした気持ちでアニメを見られるお正月は、泣けるアニメで「涙活」してみるのもいいかもしれません。感動の涙を流すことで、普段の疲れを癒やし

内容

涙が止まらなくなるアニメを3作品ご紹介します。SNSでも「嗚咽するほど泣いた」「感動をありがとう」と評判です。

●『四月は君の嘘』(2014年10月~放送)

公生たちの中学時代~高校時代の成長を描いたこの作品は、単なる恋愛物語ではありません。ピアノやヴァイオリンにかける想い、想いがあるからこその葛藤、ライバルたちとの交流……。音楽に詳しくない方でも分かりやすく、かつピアノやヴァイオリンを本気でやっていたことのある方にはかなり響く、音楽界の独特な世界を描いた内容になっています。

●『プラスティック・メモリーズ』(2015年4月~放送)

各話で描かれる回収業務はどこか切なく、第1話から涙を禁じえません。ギフティアの寿命は、約9年4か月。アイラがお茶くみをしていた理由や、ツカサにそっけなくしていた理由も少しずつ明かされていきます。「もし、自分の命の時間があらかじめ決まっていたとしたら?」というツカサの問いかけは、終盤になるほど胸に迫ります。毎回内容に合わせてアイラの表情が変わるオープニングにも注目です。

●『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年4月~放送)

幼少時以降、会わなくなった「超平和バスターズ」をつなぐめんまの存在は、彼らの昔の思い出をたびたび呼び起こします。思い出に出てくる「好きだったけど嫌いだった」「憧れだったけど言えなかった」といった感情はリアルで、こうした「友情に嫉妬や恋愛も入り混じった複雑な感情」に共感する方もいるのではないでしょうか。時にぶつかり合いながらも交流を取り戻していく「超平和バスターズ」は、めんまが成仏できるよう力を合わせてその方法を探ります。彼らの成長や絆、めんまを想う気持ちに、気が付くと涙がこぼれている作品です。作品内容と歌詞がリンクしているエンディングテーマ「secret base ~君がくれたもの~(10 years after Ver.)」は、「聴くだけで泣ける」と評判です。

感想

まあわかる気がするけどCLANNADは入るだろうね。

それと私の場合だけどあのはなのED入るタイミングが絶妙すぎるから泣くわけであってEDが泣けるってことではないと思うけどね。

それとあのはなの話を思い出すからじゃないの?

 

 

コメント