スポンサーリンク

『京アニの火事』を見てPTSDを発症する人が続出

『京アニの火事』を見てPTSDを発症する人が続出

報道を見るとつらい、苦しい人の心のケア

京アニ事件 報道を見るとつらい、苦しい人の心のケア(海原純子) - Yahoo!ニュース
京アニ事件の報道を見るのがつらすぎてテレビを消してしまうという方の声を聞きます。実際に事件に遭遇しなくても悲惨な事件を見聞きすることで急性ストレス障害を起こし不眠やうつ症状を起こすこともあるのです。

内容

報道で見た人たちが急性ストレス障害(ASD)を起こしているのではないかということだ。

ASDは、命にかかわるような出来事に遭遇したり、あるいはそれを目撃するだけでなく、報道でその出来事を見た場合にも起こることがある。出来事から4週間以内に起こるとされていて、症状はさまざまだ。

夢を見る、眠りが浅い、フラッシュバックが起こる、ゆううつな気分になる、突然怒りがこみ上げる、ぼーっとする、あるいは逆に興奮状態になる、びくびくする、不安感に襲われる、集中力が低下する、といった症状が現れる。

ASDは予後は良好で1か月以内に回復するのだが、中には1か月以上続いて心的外傷後ストレス障害(PTSD)に移行することがある。

感想

え?

見た人がPTSDになんの!?

なら見なければいいと思うんですけどね。

まあ関係者とかならわかりますけどね・・・

ちょっとわからんな

コメント