(必見)赤いクワガタに注意!

赤いクワガタに注意!

「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ

表示できません - Yahoo!ニュース

内容

触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。
ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。

「目立つ虫なので、特に子どもが間違って触らないよう気をつけてほしい」と呼び掛けている。

感想

見たことない昆虫なら子どもは喜ぶだろうし、すぐ触れてしまうと思う。

これから夏の季節ですので昆虫採りとか行きますよね。

注意したいですね。

コメント