テーマはホラーと日常?「がっこうぐらし!」についてまとめてみた!

晴天の学校

テーマはホラーと日常?「がっこうぐらし!」についてまとめてみた!

こんな人に見てほしい!

    人の成長を感じたい人
    少し変わった日常アニメを見たい人
    困難に直面している人

情報

ジャンル:日常ホラー

原作:漫画

作者:海法紀光

制作会社:Lerche

2012年:原作連載開始

2015年:アニメ化(全12話)

2019年:実写化

あらすじ

とある感染症が原因で変わってしまった学校で生活する学校生活部。そのメンバーはサバイバルの中でも強く生きようと頑張る。そんなメンバーを支える先生、そして決断の時メンバーが下した決断とは・・・少し変わった日常アニメを見たい方にお勧めです。

登場キャラ

ここからはアニメ「がっこぐらし!」に登場するキャラについて紹介します。

学園生活部のムードメーカー【丈槍 由紀】

本作品の主人公的存在。天真爛漫な性格で学園生活部を支えるマスコット的存在。翼がついた特徴的なリュックを愛用している。学校を変えた出来事にショックを受けて落ち込んだ時期もあったが徐々に回復を見せていた。ゆきと呼ばれている。声優は水瀬いのりさんがつとめます

元気系女子【恵飛須沢 胡桃】

学園生活部の部員の一人。スコップでブインを助ける元気いっぱい系女子。かつて陸上部に入部していたことから運動神経抜群である。その運動神経で学園生活部を支えている。くるみと呼ばれている。声優は小沢亜季さんがつとめます。

学園生活部のリーダー【若狭 悠里】

学園生活部の部長を務めておりいわばこの部活の司令塔と言ってもいい。料理や掃除を行ったりする家庭的な一面がある。また、しっかりとした性格で、家計簿をつけるなどしている。幾度の対立を乗り越えてきた苦労人の一面もある。りーさんと呼ばれている。声優は、M.A.Oさんがつとめます。

メンバーを守るために困難に立ち向かう【直樹 美紀】

学園生活部では「みーくん」と呼ばれているキャラクター。ショッピングモールで生活を送っていたが学園生活部に助けられて現在に至る。時には対立することもあるが頼りになる由紀たちの後輩である。声優は高橋李依さんがつとめます。

どのような状況でも心配する生徒たち【佐倉 慈】

学園生活部の顧問を務める現代文の教師。優しい性格で生徒を思いやる教師。姉のように生徒に慕われており、めぐねえと呼ばれているが本人は毎回「佐倉先生」と訂正を求めている。色々なところで鍵を握る人物でもある。声優は、茅野愛衣さんがつとめます。

魅力

ここからはアニメ「がっこぐらし!」の魅力について紹介します。

今までにない日常

私が一番最初にがっこぐらしを見た時に思ったのは日常系アニメだと思って見てましたがそんなことはあまりなくどちらかというとホラーに近い感じでした。しかしその中に日常系の要素があるためギャップが凄いです。それも面白さかなと思います。

いつどうなるのか全くよめないアニメ

次回どうなるのだろうか。と全く先がわからないアニメでした。しかしそれは予想もつかないことがどんどん起こるといういい面でもあります。ハラハラ感もあり、終盤は見どころ続きです。

極限状態の中での友情

極限状態の中でも友達を思うことを忘れない。学園生活部とはそういった部活だと思います。その友情が時に力をくれますね。友達の大切さも感じれる作品です。

 

似ている作品

ここでは「がっこぐらし!」と似ているアニメを紹介したいと思います。個人的な意見ですので参考にしてもらえると嬉しいです。

結城友奈は勇者である

同じように部活をする少女たちが、ある日勇者に選ばれることになります。しかし、その勇者というシステムには恐るべき仕組みがありました。

あんハピ♪

とある理由で集められた1年7組の生徒たち。個性豊かな面々で幸せをつかみにいくという話。キャラが可愛くとても面白い作品です。

グリザイアの果実

部活で何かするというよりはサバイバル系の話があるというべきでしょうか。とある出来事をきっかけにして、複雑に絡み合う運命が面白い。極限状態でサバイバル生活することになります。それが主人公を含めてその後の人生に大きく影響を与えることになります。

このアニメを見ての感想(ネタバレ注意)

今回は「がっこうぐらし!」について紹介させていただきました。私はこのアニメを視聴してみてこういった真逆の2つが見事にマッチすることの凄さを感じました。

少し原作と違う場面はあるもののアニメとして成立していたと私は思いました。というよりもアニメ見てから原作を購入しました。

アニメが終わった後にがっこうぐらし以上に気になったアニメはないかもしれません。

そんな癖になるアニメです。

コメント