スポンサーリンク

麻枝准さんが『神様になった日』について語る。 リベンジしてやろうという気持ちではなく・・・

麻枝准さんが『神様になった日』について語る。

『AB!』『Charlotte』を経て、3作目のオリジナルアニメで立ち返った原点とは

『AB!』『Charlotte』を経て、3作目のオリジナルアニメで立ち返った原点とは――『神様になった日』麻枝 准2万字インタビュー① | アニメ ダ・ヴィンチ
TVアニメ『神様になった日』TOKYO MXほかにて毎週土曜24:00~放送中 (C)VISUAL ARTS / Key /「神様になった日」Project 「『Angel Beats!』『Charlotte』…

内容

──自分の作品に対する反動というか、「いいものを見せなければならない」という気持ちに、どんどんなっていく。そういう意味では、『Charlotte』から5年間、リベンジの機会はなかったわけで、それは麻枝さん自身の体調のこともあったと思うんですけど、この5年はどういう時間でしたか?

麻枝:その時間は……何をやってたんでしょうね(笑)。そうなんですよ、『Charlotte』の前後は、一番精神的にも病んでたし、怠惰な時間だったような気がしていて。正直に言うと、才能が枯れた状態になってたんですよね。その後に大病を患って、実際に自分は一回命を落としてきて、リセットして取り戻して、もう1回、強くてニューゲーム的に人生をやり直してる感覚です。そういう意味では、『Charlotte』を作っているときは、音楽面でもスランプでしたね。自分からは新しいお話も曲も全然浮かんでこなくて、けっこういっぱいいっぱいだったし、もう体が限界を迎えて一回終わったのかなあ、という感覚でいます。

──自身の才能がすり減ってしまっているような感じだった、と。

麻枝:はい。もうなんか、才能が枯渇しちゃったなっていう感覚でした。

──だとすれば、生まれ変わって、強くてニューゲームの状態でもう一度クリエイティブをスタートできている今ならば、リベンジできるんじゃないか、という想いにもつながりますよね。

麻枝:はい。まあ、『神様になった日』に関しては、「リベンジしてやろう!」という気持ちではないですよ。もっと純粋に、感動作を作ろう、という気持ちだけですね。

感想

文字だけでは多分このだーまえの苦労っていい表せないと思う。

やはりアニメで感動を与えるって難しいですね。

そして同志もCLANNADやリトバスなどと比べられたりするし・・・

私たちももっと純粋にアニメを楽しめるようになりたいですね。

コメント